熟年野球チーム

千成倶楽部
   
     

熟年野球チーム「千成倶楽部」について

熟年野球チーム「千成倶楽部」の成り立ち
 熟年野球チーム「千成倶楽部」は、元青森高校硬式野球部監督 故工藤隆夫氏がオーナーとなり、青森高校硬式野球部OBや同氏が経営していた「千成寿司本店」(青森市堤町)の朝野球チームのメンバーなどにより平成9年度に創部されました。

これまでの戦績など
 「千成倶楽部」は青森市熟年野球協会に加入し、平成9年度から連続して東奥日報社杯争奪青森市熟年野球大会に出場しています。
 平成30年度までの成績は、県大会なども含めて303試合で169勝124敗10分け(勝率5割7分7厘)となっています。
 平成23年度、平成24年度には青森市熟年野球大会で優勝(2連覇)を達成しました。平成30年度の成績は、7勝4敗で6位となり、県大会は2年連続で3回戦に進出しました。

令和元年度のメンバー
 熟年野球の出場資格は、当該年度中に満40歳以上になる方となっております。令和元年度は登録選手30人中、青森高校硬式野球部OBは20人となっています。 
 卒業年 青森高校硬式野球部OBの氏名(敬称略) 
 S48  石岡 実(監督)
 S41  大宮 忠男
 S50  鳴海 亘、工藤 俊幸(事務局・マネージャー)
 S51  船水 俊二、佐々木裕昭、藤田 昇、内海 重光
 S52  山谷 尚史(主将)、五戸 淳夫、佐藤 万里
 S53  工藤 勉
 S54  濱田 俊一
 S56  石坂 直人、白取 心平
 S58  勝谷 繁範
 S61  細井 晋、中村 健
 S62  嶋 満昭
 S63  齋藤 慎治

「千成倶楽部」チームの活動

(1)リーグ戦、県大会など
 青森市熟年野球大会は、「成熟の部」(40歳以上)、「壮熟の部」(50歳以上)、「還塾の部」(60歳以上)で構成され、「千成倶楽部」は「成熟の部」に参加しています。令和元年度の「成熟の部」は11チームにより、5~7月にリーグ戦が行われます。9月は県大会があり「千成倶楽部」は平成21年度以降毎年出場しています。

(2)「千成倶楽部」の年間の活動状況
1月  新年会(懇親会)、チーム成績について情報交換
2月~3月 監督会議、チーム編成 
4月 監督会議(選手登録)、チームで合同練習(2~3回)、結団式(懇親会) 
5月~7月 青森市熟年野球大会開会式、リーグ戦出場(令和元年度10試合) 
8月~10月  合同練習、県大会結団式(懇親会)、県大会開会式、県大会出場 
11月  青森市熟年野球大会閉会式、千成倶楽部納会(懇親会) 
年間  機関紙「千成スポーツ」でチームの活動状況を報告。 

令和元年度の「千成倶楽部」(成熟の部)登録選手募集の呼びかけ
 熟年野球に参加してみたい方を募集しています。参加を希望される方は、甲田クラブ事務局まで連絡をお願いします。後日「千成倶楽部」事務局からご連絡します。
 Q:これからでも登録は可能ですか? 
 A:選手登録は4月の監督会議で行いますが、5月以降も随時追加登録が可能です。

 Q:「千成倶楽部」への参加の条件や負担はありますか? 
 A:令和元年中に満40歳になる方が対象です。
 尚、加入される方には年会費1万円(大会参加料、傷害保険料、用具代などに充当)の負担をお願いしています。この他ユニフォーム代の実費を負担していただく場合があります。 
                 
  千成倶楽部 戦績 

平成9年~平成28年

平成29年~平成30年
 
 
     
  令和元年 第35回 東奥日報社杯争奪戦
青森市熟年野球大会 組合せ・結果